筆跡診断と筆跡鑑定との違い

一般の方は、診断も鑑定も同じじゃないの?なんて思われている方も多いと思いますが、

 

筆跡鑑定とは…

 

一般的に鑑定は正しいか正しくないか、本物か偽物かと言われるように、その判断に対して

感情を入れずに判断をしていくものです。

特に、筆跡鑑定などはTVなどでも見られ遺言書が本物か偽物なのかを争ったりする時に

人物を特定するものを筆跡鑑定と言います。

 

筆跡診断とは…

 

筆跡診断は鑑定と同じように筆跡の特徴は見ますが、書かれたその方の人物像や行動心理から

その方の深層心理を紐解いていきます。筆跡から自分でも気付かない自分自身を知り、

「こうなりたい」と願う人間像へと筆跡を通じて変わっていくことへの、道標として、変化を

していくことへのアドバイスをすることが出来るのが筆跡診断です。

 

また、占い等と勘違いをされる方も居られますが、皆さんのお顔が一つとして同じもお顔が

無いように、筆跡もまた同じように同じものが一つとして無いのが大きな特徴です。

生年月日や血液型もしくは同姓同名の方がすべて同じ人生を歩んでいるかと言うと

そうではありません。

また、同じ人物であっても、穏やかな状態の時とそうではない時では自ずから筆跡が変わります。筆跡は書かれた今の状態を如実に表す脳跡と言えます。